目元のたるみを改善できるケア用品|美容を維持するために必要な成分

鏡を見る人

確実に引き締めるには

目元のたるみを改善する施術は、手軽に受けられるものから、本格的に受けられるものまで多種多様です。目の下の脂肪をとる施術では両目で20万円ほどかかります。ヒアルロン酸やボトックス注射の場合は数万円です。自分の目的に合わせて施術を選びましょう。

カウンセリング

即効性がある

目元のたるみを改善する美容治療が人気の理由は、人に気付かれずに若返ることができるうえ、費用が1回1万円から3万円と、経済的に負担が少ないものもあるからです。若さをキープするための保険として、これからも人気が高まることが予想されます。

適切にケアをしよう

背中

原因を探そう

目元のたるみが気になり、なかなか改善しないと悩んでいる方も多いようです。実は目元のたるみには複数の種類がありますので、適切なケアをしないと症状を悪化させてしまう場合があります。まずは、目袋が膨らんでしまうために、目元がたるんでしまう症状の場合です。目袋が膨らんでしまう原因としては、スマホを操作する時や読書をする時など、下を向いて作業をする機会が多いと靭帯が緩んでしまうことがあります。それにより眼窩脂肪が出てしまい、目袋が膨らんでしまいます。目の下に膨らみができることにより、目元のたるみの原因になります。眼窩脂肪が出てしまった場合の目元のたるみを解消する方法は、目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛える必要があります。歳を重ねると目の周りの筋肉が弱まり、下を向いて作業をすることによって眼輪筋が緩んでしまいます。眼輪筋が緩んで目元にたるみができている場合は、眼輪筋を鍛えるトレーニングを取り入れることがおすすめです。次に目元にたるみができてしまう原因として、皮膚のへたりがあります。目の周りの筋肉は薄くデリケートなため、紫外線の刺激や化粧をする時に擦ってしまいますと、肌弾力が弱まってしまい目元のたるみの原因を作ってしまう結果になります。紫外線や化粧をする時の刺激によって目元がたるんでしまいますと、目の下がくぼんで黒クマになります。皮膚のへたりが原因の場合は、肌にハリをもたらしてくれる成分であるコラーゲンを補給することが大切になります。コラーゲンを目元の真皮層まで届けるためにも、レチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を利用して優しくケアをすることが重要です。また、化粧品やトレーニングを続けてもなかなか目元のたるみが改善しない場合は、美容外科クリニックで改善する方法もあります。たるんだ目元を改善する手術法として、レーザーを当てて肌を引き締める施術とたるみそのものを除去する施術などがあります。目元のたるみも気になるが、顔全体もすっきりさせたい場合は、サーマクールを受けるとよいでしょう。真皮層に働きかけ、肌の奥からしっかりと引き締めるので、すっきりとしたフェイスラインになり、たるみも解消します。

美容整形

アイケアを意識する

目元のたるみが気になる人は、日頃のスキンケアに気をつけましょう。商品を買い替えたり、アイクリームを使ってマッサージをしたりといった方法がお勧めです。また、美容整形外科で美容成分の注入をしてみることもいいかもしれません。

医者

老け顔を改善できる

目元のたるみには、上まぶたと下まぶたの二種類があります。上まぶたの重度のたるみの場合は、切開による施術がお勧めです。下まぶたの中軽度のたるみには、注射による治療やまぶたの裏側より脂肪を取り除く方法がお勧めです。

看護師

目の上や下のたるみ治療

目元にたるみがあると、実年齢より老けて見られることがあります。また、脂肪などによって、日常生活に支障をきたす方もいるようです。目の上、目の下など、目元にあるたるみが気になる方は、早めに治療することが大切です。