目元のたるみを改善できるケア用品|美容を維持するために必要な成分

  1. ホーム
  2. 老け顔を改善できる

老け顔を改善できる

医者

比較的小規模な施術

目元のたるみは、老け顔につながりやすく、実際の年齢よりも上に見られてしまうことがあります。逆に目元のたるみを取り除けば、一気に老け顔が改善され、若々しい印象を与えることが出来ます。目元のたるみは、目周辺の皮膚のコラーゲンの減少や筋力の低下が原因となっていることが多いです。目元の脂肪が覆いかぶさってきて、上まぶたが覆いかぶさってくることがあり、重度の場合には瞼が持ち上がらず十分に目を開けないケースもあります。重度の上まぶたのたるみには、切開して脂肪を取り除く整形術が適しています。整形技術も近年目覚ましい発展を遂げていますので、気になる傷跡も小さくて目立ちにくく、一週間前後で腫れも引いてきます。メスは使う施術ですが、もちろん麻酔を使用しますので、施術中は痛みもなく、比較的小規模な施術ですので、安心です。たるみ改善効果は大きく、半永久的に効果が持続します。また、下まぶたも同様に皮膚の弾力がなくなってきて脂肪が垂れ下がってくることがあります。上まぶたの垂れ下がりのように目をしっかり開けられないなど生活に支障をきたすことはありませんが、下まぶたのたるみは老け顔の要因になってしまいます。それほど重度のたるみでない場合には、炭酸ガス注射やヒアルロン酸注射がお勧めです。注射だけですので、ダウンタイムはなく施術時間も短時間で済みます。炭酸ガスの注射により代謝が活発化され、ヒアルロン酸がお肌で大量に合成されます。そこにさらにヒアルロン酸注射をすることで、さらなる効果を得ることが出来ます。たるみだけでなく、クマやしわなども一緒に取り除くことができ、ハリがよみがえります。数年ごとに注射を繰り返すことで、効果を持続させることが出来ます。また中度の下まぶたのたるみの場合は、まぶたの裏側から小さな穴をあけて脂肪を取り除く方法もあります。これは、皮膚表面に傷を作らないため、顔に傷をつけずに大きな効果を得られるとして人気の施術方法です。注射による治療に比べて持続時間も長く、ダウンタイムもほとんどない治療で、バランスの取れた治療方法です。