目元のたるみを改善できるケア用品|美容を維持するために必要な成分

  1. ホーム
  2. 目の上や下のたるみ治療

目の上や下のたるみ治療

看護師

治療によって改善できます

目元のたるみで悩んでいる方はいませんか。目元のたるみは美容治療で改善できますので、気になる方は一度確認しておきましょう。ここでは、目の上や目の下のたるみについて見てみます。まず、目の上のたるみ取りです。目の上のたるみ取りは、まず一重と二重ラインを切開します。その後、一重や二重にかぶさっている余分な皮膚とその下部にある筋肉を除去し、二重ラインに合わせて縫合します。このように二重ラインを切開しますので、たるみを切開した線は二重ラインと重なります。そのため、治療後も目立たなくなります。人によって目上部分の脂肪量が異なりますが、上まぶたにある眼窩脂肪が多い方は、治療の際に脂肪除去を行うことも可能です。目の上にあるたるみ取りは次の方にオススメです。上まぶたのたるみで目が小さく見える方や、たるみのため視野が狭くなった方、上まぶたが重いと感じる方に加えて、二重の幅を広げたい方などが該当するでしょう。このように、目上の皮膚やその下の筋肉を切除しますので、元に戻りにくいのが大きなメリットと言えます。次に目の下にあるたるみの治療です。目の下にあるたるみの改善法としては、「目の下部分のたるみ取り」と「ヒアルロン酸注」の方法があります。このうち目の下のたるみ取りは、下まつ毛の生え際部分に沿って切開して、皮膚にある余計な部分を除去する方法です。こちらの方法はまつ毛の生え際部分に沿って切開することから、目の上のたるみと同じように、切開線が目立ちにくいのがメリットと言えます。また、下まぶた眼窩の脂肪が多い方は、その時の状態により、たるみ取りと合わせて脂肪除去治療も一緒に行うことができます。この目の下のたるみ取りは、次の方にオススメです。目の下のシワが気になっている方や、目の下のたるみが原因で老けて見られる方、たるみによって、影やくぼみなどができる方や、目の下の影が原因で疲れた感じに見られる方などが挙げられます。このように、目の下のたるみを取ることで、くぼみや影、段差などがなくなり、すっきりとした目元にできます。目元のたるみは、以上の方法によって改善できます。